あかり訪問看護ステーション

あかり訪問看護ステーション-奈良市にある訪問看護事務所

あかり訪問看護ステーションとは
HOME > 業務案内 > 業務案内

業務案内

訪問看護の存在意義

  • 患者さんと医師の橋渡しをする

    患者さんと医師の橋渡しをする

    患者さんは悩みや困っていることなどについて、医師に直接言い出しにくいこともあります。このような場合、看護師が双方の橋渡し的な役割を担っています。患者さんとその家族に寄り添って、医師には話しにくい気持ちや変化をくみ取ることも看護師の役割の1つと考えます。
    そのためには、信頼関係を構築することはきわめて重要なことです。また、患者さんだけではなく、家族から話を聞いたり、家族への説明をするのも看護師の役目です。そのため看護師の言葉は、患者さん・家族と医師との信頼関係に影響することもあり、発言への心遣いは忘れてはなりません。患者さん・家族に話した内容が正確に伝わっているか、受け止め方にずれがないかなどを、表現、タイミング、話し方に注意しながら同じ目線に立って納得してもらえるように努めています。

  • より良いケアの追求

    より良いケア

    患者さんに対しては生命の安全、安心、安楽を意識して、患者さんの価値観、人生観も念頭におきながら看護しています。また家族に対しては、介護者としての苦労をねぎらいながら、気持ちよく介護を継続してもらうためのサポートをしています。近年、医療の進歩とともにケアの技術も進歩しています。当ケアセンターの看護師は、患者さんに最良のケアを提供するために、技術や知識を継続的にスキルアップしていかなければならないと考え、勉強会へも積極的に参加しています。

  • 患者さん・家族の生活に密接したケアを

    患者さん・家族の生活に密接したケアを

    訪問看護師が病棟の看護師と異なるのは、患者さんだけでなく介護家族とも長く密接に関わることです。家族にとって在宅療養で最期まで患者さんと一緒に過ごすことの意味は大きく、毎日献身的に患者さんを介護しています。現場の看護師たちはそのような介護家族の姿に接し、患者さん・家族が少しでも安定した生活が送れるようにケアしたい、という思いで訪問看護にあたっています。また、訪問看護を通して看護・ケアに関する技術・知識を実践的に学んだり、患者さんから人として教えてもらうことも多々あります。

  • 家族の生活に密着したケア

    たとえ神経難病であることから改善の見込みはなくても、患者さん・家族に「家に帰れてよかった」「家族が一緒に自宅で過ごせてよかった」と思ってもらえることでやりがいを感じています。長年の介護・ケアで苦労しても、患者さんの死亡後一定の時間が過ぎると、在宅で看取ることができてよかったと、安心して在宅療養ができた感謝の思いを口にする家族も多くいます。訪問看護は患者っさん・家族の生活に合わせて個々のケアを提供していくことができるのが最大の特徴です。

次のような方がご利用できます

赤ちゃんからお年寄りまでのすべての年齢が対象者となります。精神疾患のある方や、疾病・障害があり、療養しながらご家庭で生活されている方で、ご本人だけでなく介護をされるご家族へのサポートもいたします。

訪問看護を利用できる保険は、医療保険または労災保険と介護保険に分かれています。料金形態やご利用回数等も変わってきます。どちらの保険を利用できるかについては、法令で細かく定められています。また、訪問看護をご利用になるには、かかりつけ医(主治医)から訪問看護指示書の交付を受ける必要があります。訪問看護指示書の作成 は、医療保険で算定され、受診時に保険割合に応じた自己負担が発生します。

詳しいことは、まずお電話にてお問合せください

サービス内容

あかり訪問看護ステーションでは、このようなことを行って 生活をサポートしています。

  • 健康状態の観察

    病気や障害の状態・血圧・体温・脈などのチェックをし、異常の早期発見対応します。

  • 療養生活のお世話

    皮膚などを清潔に保ち、心身の状態や皮膚トラブルを防ぎます。清拭・洗浄・足浴・入浴介助・食事や排泄などの介助・指導を行い処置も行います。

  • 認知症や精神障害者のケア

    心身の状態を観察し、服薬やコミュニケーの援助や生活リズムの調整などの看護を行い、事故防止など介護の相談、対処方法の助言などをします。

  • 服薬管理

    薬の効果の確認や服薬に関する助言、副作用の観察を行います。

  • 褥瘡の予防・処置

    医師の指示のもと処置を行います。また、褥瘡予防の工夫や相談・助言を行います。

  • 療養上の生活指導

    日常生活のリズムを整え、食事、排泄、運動などを行い、健康状態の維持と改善を図ります。

  • 医師の指示による医療処置

    点滴・カテーテル管理(経管栄養・膀胱留置カテーテル・在宅酸素療法・気管カニューレ・人工肛門等)など、主治医の指示に基づく管理を行い日常生活の相談や助言も行います。

  • 療養生活や介護方法の指導

    ご家族の介護状況や健康状態に配慮し生活全体を考えた介護指指導、精神的な支援を行います。また、ケアマネージャー等と連携をとり医療福祉を行います。

  • ターミナルケア

    痛みや倦怠感、苦痛緩和の看護、医療処置だけでなく家族も含めて精神的に支援、医師や介護スタッフなどの関係者との連携を行い、住み慣れた場で過ごせるように、症状や心のケアに配慮し、看取りのお手伝いも行います。

  • 緊急時対応

    24時間安心して在宅療養できるように、病状急変時その他緊急時が発生した時には速やかに主治医と連絡をとり、緊急対応させていただきます。

  • リハビリテーション

    要介護状態の悪化防止、機能訓練など医師と連携して看護師や理学療法士、作業療法士と効果的なリハビリテーションを行います。

  • その他

    グループホーム等における医療連携や、介護職員への喀痰吸引等指導、また外来受診・救急時の付き添い等の保険外による訪問看護の実施など、様々な相談業務を行っていますので、まずは気軽にお問い合わせください。

見出しが入ります

  • お申し込み方法

    かかりつけの医師または訪問看護ステーション、 ケアマネージャーにご相談ください。

  • ご利用料金について

    医療機関と同じで保険により異なりますが、1~3割負担となります。
    概算などの詳細はご相談時に説明いたします。

  • ご対応エリア

    奈良市(東部除く)、大和郡山市の一部、生駒市の一部、天理市の一部、京都府木津川市の一部
    ※事業実施地域で設定はされていますが、対応エリアの可否つきましてはご相談の上で決めされていただいております。

    赤枠:実施対応エリア (0~20分圏内)
    青枠:対応相談エリア (20~30分圏内)
    紫枠:対応相談エリア (所要30分以上)※実費交通費200円がかかるエリアです。交通状況により時間差はあります。

対応エリア
PAGE TOP